尿酸値が高くなる痛風を発症しないように予防しよう

女の人

健康をもたらす苦み成分

サプリ

生き生きとした老後の為に

サポニンとは、様々な植物の根元に含まれている苦み成分のことです。油も溶かすことができるので、昔は石鹸代わりに活用されていました。健康やアンチエイジング効果が高いことも判明しています。重大な疾患の引き金となる、動脈硬化になるリスク等を引き下げてくれるからです。大豆由来のサポニンの場合なら、血中の悪玉コレステロール値を低下させます。ドロドロの血液をサラサラにしてくれます。高麗人参由来のサポニンの場合だと、血行を促進させることができるので、血栓予防になります。高齢者の方は、風邪による咳や痰で悩まさせることが多いですが、桔梗由来のサポニンはこれを解消します。風邪は高齢者にとっては、怖い病気ですから、喉をいたわる効果は重要なのです。

種類と飲み方

高麗人参の根と果実が特に有名ですが、その植物ごとに違った種類のサポニンが存在しています。得意とする効果や性質にも多少の違いが見られます。一日に摂取する目安量も、大豆由来のものと桔梗とでは大きく異なっています。サプリメントや滋養強壮剤に使われることが多いのは、主に高麗人参と大豆サポニンです。大豆や人参由来のサポニンは、特に安全性が高いからです。ですから、サプリメントなどで摂取する場合は特にサポニンの材料は気にしなくても大丈夫です。豆乳から摂取する場合は、無調整豆乳の方がサポニンの含有量が多めです。桔梗などのサポニンを摂取する場合も、基本的には同様に安全です。用法と用量を守るという当たり前のルールを守りましょう。